Navigation  >

Home Page

Sections  >

System Info.

Emulation

Games

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PC 88
システム情報

 

イントロダクション
PC-8801
は日本での8ビットコンピュータの基準となっていました。その理由はそこそこに良いグラフィック機能や良質のサウンドにありました。そのサウンド機能は、16ビット・32ビットマシンであるシャープX68000よりも良いとさえ言われていたそうです。サウンド機能に関するトピックは後程出てきます。

詳細
このコンピュータのCPU8ビットの標準型で、ザイログ社製Z804MHz(後期のモデルでは8MHz)を採用し、フロッピーディスク制御用のコ・プロセッサも搭載していました。メインメモリは64キロバイトで、当時の8ビットマシンでは標準的でした。初代モデルはデータをセーブするためにテープしか使えませんでしたが、次世代モデルのPC8801mkIIでは5インチフロッピーディスクが1基ないしは2基搭載されました。8ビットコンピュータの変わった所はグラフィックです。このコンピュータにはカラーの高解像度(640x200、デジタル(固定)8色)は当時あまり見られませんでした。さらに次世代モデルのPC-8801mkIISRの登場により、その地位が確固たるものとなりました。このモデルにより、遂にFM音源ミュージックと改良されたグラフィック(640x200512色中8色)が加えられました。

ソフトウェア
SR
はたくさんの名作(ゲームアーツのTHEXDER等)を産み出させました。 イースシリーズ(日本ファルコム)、ハイドライドシリーズ(T&Eソフト)、その他多数ありました。そのほとんどが他のシステムにも移植されました。(MSX PC-9801 X68000やコンソール等) あのスクウェアでさえ、ファミコンのゲームを作り始める前はこのコンピュータのゲームを作っていたのです。

グレート・サウンド!
前述した通り、一番に気付くのはこのコンピュータのサウンド機能です。初期モデルはSSG3チャンネルとFM音源3チャンネル(いずれもモノラル)を持っていました。これは当時では十分驚きでした、というのも他の8ビットシステムはビープ音のみ又は最も良くてSSGのみだったからです。PC-8801FAが発売された時には、8ビットコンピュータにも関わらず、FM音源ステレオ6チャンネル(ドラムキット付き)、SSG、そしてADPCM16Khz)とサンプリング用の256kbのメモリが搭載されていました。これらの機能は他のコンピュータユーザを羨ましがらせました。

結論
The heyday of PC-8801 series had been until late 80's. NEC released also CD-ROM attached models and 16bit(!) models but the stream could not be changed. Now we can revive the renowned sounds with some emulators. Don't miss it.

PC8801シリーズの全盛期は80年代後半まででした。NECCD-ROM内臓モデルや16ビット(!)モデルを発表しましたが、時代の流れは変えられませんでした。今ならいくつかのエミュレータによって、評判だったサウンドを蘇らせる事ができます。お聞き逃がしなく。

 


最新情報やアップロードできそうなものをお持ちの方は: JCEC_1@yahoo.co.uk