X68000
クロスプラットフォーム・エミュレーション
開発及びリソース


プロジェクトの目的

プロジェクトの進捗状況

現行のMC68000エミュレータをレビューし、プロジェクトにベストなものを決めているところです。

何が必要?

  1. ありったけのドキュメントが必要です。現在のプロジェクトは情報収集段階にあります。X68000の内部情報やプログラミングドキュメント、又はソースコードにアクセスできる方はお教えください。また、X68000は日本のシステムのため、日本語を話す人で様々な情報を日本語に翻訳し、プロジェクトのウェブページを管理してくれる方を探しています。
  2. プログラマーの方!複数のプログラマーの方々が既にこのプロジェクトに興味を示していますが、他にもメインのコードやプラットフォームの移植に興味のある方を歓迎致します。特にX68000でのプログラミングの経験をお持ちの方からの情報がプロジェクトの推進に多大な貢献となります。

今ある情報

Programming Guide Version 2

X68000プログラミングガイドとその他エクストラの情報

Japanese X68000 Programming Guide

X68000プログラミングに役立つガイド(ZIPフォーマット)

IRQ Mapping Guide

英語版 X68000 IRQ 情報

FDD Data

上記同様の、フロッピードライブの情報

MFP Spec.

MFP スペックドキュメント(Yoshikazuさんによる)

CTRC (Video) Spec

グラフィックモード情報

X68000のメモリマップとチップ関連の説明は既に入手済みです。

メモリマップ:

000000-1FFFFF

スーパーバイザ領域とユーザ領域

200000-BFFFFF

メインメモリ

C00000-DFFFFF

グラフィックVRAM

E00000-E7FFFF

テキストVRAM

E80000-EBFFFF

システムI/O

EC0000-ECFFFF

ユーザI/O

ED0000-FDFFFF

メモリスイッチ

FE0000-EFFFFF

未使用(VOID

F00000-FBFFFF

CG ROM

FC0000-FFFFFE

IPL ROM

I/O領域の詳細:

e80000-e81fff

Crtc

e82000-e83fff

ビデオ

e84000-e85fff

Dmac

e86000-e87fff

area set

e88000-e89fff

Mfp

e8a000-e8bfff

プリンター

e8c000-e8dfff

sys. Port

e8e000-e8ffff

FM サウンド

e90000-e91fff

Pcm

e92000-e93fff

フロッピーディスク

e94000-e95fff

ハードディスク

e96000-e97fff

Scc

e98000-e99fff

8255

e9a000-e9bfff

int1

スプライト領域の詳細:

eb0000-eb7fff

スプライトレジスタ

eb8000-ebffff

スプライトVRAM

X68000に使用されたチップ群: