Navigation  >

Home Page

Sections  >

System Info.

Emulation

Games

Development

Gallery

 


X68000 システムの概要

 

歴史(Lanceさんによる)

X68000は多くの点においてアミーガ・アタリSTに似ている、68000をベースとしたパソコンシリーズです。家電メーカー、シャープの作品です。1986年に初代がリリースされ、日本でのみの販売でした。アミーガやSTと同様ユニークなOSを搭載していました。OSは元々ハドソン製でした。およそ12万台が出荷されました。数年前にシャープがアセンブリを止め、生産中止となりました。

多数のゲームやGCCツール、そしてたくさんのグラフィックやサウンドのデータがありました。(それ故にX68000はアミーガやアタリに似ていると思われます)


ソフトウェア
思うにソフトが揃っていなければエミュレータを作る理由はあまり無く、その点X68000は豊富で多彩なソフトに恵まれていました。

Stephen Kingさんからの情報)

X68はたくさんのアーケードゲームが移植され、その99%がほぼ完璧なものでした。例えば、X68000のファイナル・ファイトはスーファミ版のものより早くリリースされました。24ビットの自然色、2人同時プレイ、そしてスローダウンせずに多数のスプライトを表示できました。他にもA-Jax (コナミ作で初のMode 7エフェクトを使用したアーケードゲームです)、Super 魔界村、サラマンダー(Life Force)、パロディウス、SuperストリートファイターII等もありました。

ゲームソフトに加えて、優秀なグラフィック関連のソフトが開発され、UNIXを含む、複数のシステムからの移植も多数ありました。


テクニカル情報 (システム情報)

  • MC68000 10MHz クロック
  • 最大12MB メインメモリ (標準1MB 又は 2MB)
  • DMAC 63450
  • MFP 68901
  • 表示モード768x512, 512x512, 256x256 31.5KHz/15.98Khz
  • テキストビットマップVRAM 4bit/pixel 1024x1024pixel 512Kbytes、縦横スクロール機能付き
  • グラフィックVRAM512KBytes. 縦横スクロール機能付き
  • 解像度 1024x1024ピクセル 1画面
  • 解像度512x512ピクセル 4画面
  • 解像度 512x512ピクセル 2画面
  • 解像度 512x512ピクセル1画面
  • スプライトVRAM 32KBytes
  • 16x16ピクセル/スプライト x 128
  • バックアップRAM 6KB
  • パレット 64千色
  • 透明画面、優先順位管理、ビデオインポーズ
  • ヤマハ FM サウンド合成チップ
  • 沖電気製ADPCM チップ
  • 5インチ 2FDD
  • SASI 又はSCSI HDD

最新情報やアップロードできそうなものをお持ちの方は: JCEC_1@yahoo.co.uk